20 May 2006

無駄のない美しさって。

 ニュース23の金曜深夜便に、マックス・ラーベというドイツの歌手が出ていた。

 1920〜30年代のドイツの歌謡曲を歌う人らしい。

 彼はステージに上がると直立不動で無表情・無感情に歌う人で、筑紫哲也がそれについて「どうやってそういうスタイルになったのですか」と聞いたら、ラーベはこう答えた。



「恋の悲しみなんて誰でも知っていることだから、私はそれを説明したくはない。言葉に乗せてただ紹介するように歌うだけです」



 大筋でこんなようなことを言っていた。

 音楽の力を信じているから余計なものを付け加えず、安っぽい感情表現はしないんだなぁと、深く感心した。

 余計なものが多過ぎるんだよ。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home