14 September 2006

England vs Scotland

引き籠もるだけ引き籠もって、ようやくそろそろ這い上がっても良いかなと思い始めてるジュニアです。こんばんは。明日は晴れ間になるそうですね。

昨夜は深夜というか早朝というかの3時半から欧州CL"Man U vs Celtic"を観てしまいました。
やはりちょっとミーハー気味に俊輔のいるCeltic側目線で観ていたためか、
楽しかった( ´ ▽ `)


<勝手に実況 〜興味ない人は飛ばせば編〜>

[Man U vs Celtic]
○21分 Celtic、Man Uに押され気味ではあったが、GKボルツのゴールキックをハートソンの後釜・FWヘッセリンクが超巧みなトラップで相手DFファーディナンドをかわし、フリーで左足でGOAL![0-1]。
 アウェイでとっても貴重な先制点。
○30分 せっかく超貴重な先制点を奪い、このまま前半を終えたかったのだが、GKボルツが突破してきたギグスを倒してしまいPKの判定。これをFWサアが決め、同点に追いつかれる。[1-1]
○40分 同点どころかついに逆転される。Celticのキャプテン・MFレノンのパスミスを相手MFスコールズが信じられないほど凄いスルーパスでFWサアに。それを決めて[2-1]。
 さすがMan U。ホームで簡単な試合はさせない。
○43分 Celticにさらなるドラマ!CelticのMFヤロシクが俊輔の得意ポジションで相手DFブラウンに倒されFK獲得!キッカーは俊輔。
 流れるような瞬間だった。あれっと思ったら俊輔はもうキックの体勢。次の瞬間、ボールがスルスルスルーっと曲線を描く。ボールはゴールの右隅に吸い込まれていった。相手のオランダ代表GKファンデルサールは一歩も動けなかったし、俺もキョトンとしてしまった。俊輔がタイミングというか、もはや時間を支配していた。
 名門クラブ相手のアウェイで1点ビハインド、前半中に同点になるかどうかの大事なキック、しかもCL初出場という多大なプレッシャーの中、よくあんなに簡単そうに決めたもんだ。素晴らし過ぎる。このアウェイでの2点は後々とても大きなアドバンテージになるだろう。[2-2]
 前半を同点で折り返す。
○47分 後半開始2分、またしても逆転される。MFグラベセンのパスミスからFWサアがシュート。こぼれ球をスールシャールが押し込み[3-2]。
○結局Celticはこのまま3-2で敗れてしまうのだが、俊輔はチームの中でもキープ力も突破も抜群の活躍。GKボルツもスーパーセーブを連発。グラベセンもパスミスを連発。後半疲れが目立ち、あわやオウンゴールの危機もあったものの、Man U相手にアウェーで天晴れな試合だったと思う。

<実況終わり>


今夜は久し振りに洗濯して干して寝ます。明日はちょっと行動的にいこう。


<本日のサッカー情報>

○JFL(=J2の下のアマチュア最高峰リーグ)の「佐川急便東京SC」と「佐川急便大阪SC」が来季から統合することが決まった。新チーム名は「佐川急便SC」で、本拠地は滋賀県に移る。これにより、JFLの下の地域リーグからの底上げが進む。静岡FC(東海1部リーグ)もこの波に乗ってほしい。


<本日おもしろかった事>

植草教授、2度目の快挙
 2年前、駅のエスカレーターでスカートの中を覗こうとして手鏡を没収されたあの植草教授が、今度は痴漢でたいーほされました。「酒に酔っていて覚えていない」というコメントはありふれていて若干の物足りなさを感じさせますが、かの伝説の田代氏を彷彿とさせる行動。取り調べでは手鏡をカラませた迷言が期待されます。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home