04 November 2006

天皇杯4回戦

 世界バレーで静岡出身・杉山の活躍に気分を良くしているジュニアですお久し振りです。
 三連休の中日である今日、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。俺はダリ展を見に上野まで行ったもののあまりの行列にビビって東京芸大の方の展示会に切り替えたあげく、帰りはしっかり秋葉原に寄って抜け目なくミルクスタンドで東毛酪農「みんなの牛乳」も飲んで参りました。

(ここから本題)
 そんな三連休の今日、日本サッカー界では天皇杯の4回戦が行われていました。我が敬愛するジュビロ磐田はJ2柏レイソル相手に激しいPK戦の末、何とかJ1の面目を保つことができました。まぁPK戦になったら能活のアドレナリンが軽くいつもの4倍くらいに跳ね上がるので当然と言えば当然の結果でしょう。
 一方、2試合連続で静岡勢との対戦になった浦和さんですが、リーグ戦で磐田に負けていたゲンと波乱続出の天皇杯ということで、静岡FCの健闘を夢見ていたわけですが、これも当然と言えば当然の結果となってしまいました。東海1部リーグの雄も、日本サッカーの一時代を築かんとしているクラブの牙城を崩すまでには至らなかったということでしょうか。JFLまでの道はまだまだ近くはなさそうです。
 順調にいけば12/23に準々決勝で磐田が浦和さんと当たることになるので、ぜひとも磐田さんにおかれましては同じ静岡勢である静岡FCの弔い合戦をして頂きたいところです。が、こないだのリーグ戦で既に勝ってしまったので不安が拭えないというのもまた事実でございます。

 JFA天皇杯公式HP

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home