27 December 2006

ここ一週間のサッカーニュース

◯12月20日(水)
レクレアティボ天国への3発
 リーガエスパニョーラ(スペイン1部リーグ)の話。かの名門レアルマドリーが、今季昇格したばかりの格下レクレアティボをホームに迎え入れる。
 しかし試合当日、レクレアティボ・サポーターの乗った移動バスに不幸な事故が。
 それを聞いたレクレアティボの選手・スタッフは試合延期を申し入れるが認められず……。
 映画や小説のような不幸な現実。レクレアティボの選手たちはどう闘ったか。

◯12月22日(金)
バルサがクラブW杯で泣いた日本少年捜し
 17日に行われたクラブW杯・決勝戦で南米代表インテルナシオナルに敗れた欧州代表バルセロナ。
 そのバルセロナの敗戦に胸を痛めた一人の日本人少年がいたらしい。その子の写真がスペインの各紙に掲載されたことから、少年は一躍時の人に。
 バルセロナは、このクラブ愛に満ちた少年を探し出す。

◯12月23日(土)
親子Jを目指しマルコが横浜FCに挑戦
 この記事での注目は下の段落の2行目。カズのいとこのMF納谷伊織(24)。小中の同級生。
 ブラジルのクラブに行ってたんだけど、帰国して横浜FCの試験を受けたらしい。受かったらいとこでプレーできるけど、高木監督が「厳しい」と言っているのが気になる…。

◯12月24日(日)
スペイン紙掲載で話題のレオ君見つかった
 バルサが探していた日本人少年に素敵なクリスマスプレゼント。バルサ側は少年・レオ君(6)を見つけ出し、バルセロナに招待する意向。キャプテンのDFプジョルも大歓迎の姿勢で、「来たらユニフォームをプレゼントする」と言っています。
 しかしこのレオ君、実は試合開始前にもロナウジーニョに「オラ、ロナウジーニョ!」と話しかけていた事が判明。6歳にしてロナウジーニョにスペイン語で話しかけるとは、もしかして今の内から海外でのプレーを目指しているサッカー少年だったりして…。その度胸に巧です

◯12月26日(火)
U19伊藤翔、グルノーブルへ
 アーセナルの名将・ヴェンゲルを惚れ込ませた高校生・伊藤翔(18)が、高校卒業後、リーグ2(仏2部リーグ)のグルノーブルに入団することが決定。
 高校から直接海外クラブに行くのは初めてではないだろうか。以前、菊地直哉(現ジュビロ)が高校から直接オランダへ渡ることが期待されたが、結局叶わず。伊藤翔が日本サッカーに新風を吹き込むことになる。
 しかし本当にレッズに行かなくて良か(略

◯12月27日(水)
ハット……_| ̄|○
スッキリ……_| ̄|○

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home