30 August 2008

人生の5枚

 音・粋・人にならって、俺も「人生の5枚」といふものをしてみようと思ふ。


○BUMP OF CHICKEN『THE LIVING DEAD』
 ゆずにのめり込んでいた高校時代、もう、ゆず以上に好きなミュージシャンは現れないと思っていたが、出会ってしまったバンプ。
 このアルバム、いや物語は、もはや殿堂入り。もう戻ってこない日々と一緒にしっかりと埋め込まれているから、動かすことはできない。










○RADIOHEAD『the bends』
 上京してのファースト・インパクト。ビートルズ、オアシスに続いて出会ってしまったUKロック。ここからの俺のUKロックへののめり込み方といったら凄かった。
 レディオヘッドのぐにゃぐにゃとした感じは、聴いていると音の洪水に呑み込まれていき、そのまま眠りに落ちることができた。
 そう寮の先輩に言ったら理解してもらえなかったけどね、その時は。まぁ確かに寝るために聴くようなアルバムじゃないからね。







○THA BLUE HERB『STILLING, STILL DREAMING』
 胡散臭くないHIP HOPってあったんだ。「本物のHIP HOP」ってあったんだ。
 HIP HOPを最高級の自己表現ツールにまで昇華させたBOSSのリリックは、今もなお進化中。
 こんなふうに俺も語りたい。形にとらわれることなく、自由にHIP HOPしたい。そう思わせてくれるTHA BLUE。








○中納良恵『ソレイユ』
 俺の中のJAZZブーム再燃、そしてピアノや女性ボーカルへの興味を覚ましてくれた作品。
 1曲目「…」で涙がもう、出てくる。これを聴いたあと、俺はこの「…」を求めてJAZZや女性ボーカルを聴き漁った。そして色んな音楽と出会うことができた。
 原田郁子もその一つだ。郁ちゃんの『ケモノと魔法』もこの5枚の中に入れようかとも思ったけど、『ソレイユ』と出会っていなかったらたぶん郁ちゃんとも出会っていなかったと思う。
 『ソレイユ』よりもさらに前に、ジムノペディ『8つの小品』にも出会っていたけどね。





 ……とここまで、4作品を挙げてみた。最後の1枚はまだ思い付かない。
 4つがJ-POP、UK Rock、HIP HOP、そしてJAZZチックな女性ボーカルというふうにバランスとれているから、4つ目はクラブミュージック辺りかな。するとnujabesかFree TEMPOが妥当かな。
 それともこれから出会うCDなのかな。まぁ、またの機会に。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home